NAGOYA AI Blog

人工知能(AI)関連の気になるあれこれをN2iがお届けします

スポーツ界で進むデータ活用と人工知能の導入

f:id:n2i_f:20190602154438j:plain
ビジネス界だけでなく、スポーツ界でもデータや最新技術を取り入れたイノベーションが度々起こります。

今回のNagoya AI Blogでは野球、サッカー、バレーボールでのデジタルイノベーションをまとめてみます。

野球の場合

野球は日米でも人気のスポーツということで、ニュースとして目につく機会も多く、古くは「ID野球」から、映画にもなった「マネー・ボール」、近年では「ビックデータ・ベースボール」とデータを活用した取り組みが盛んに行われています。

ID野球

ID野球は、メジャーリーガーだったドン・ブレイザー氏の「シンキング・ベースボール(考える野球)」が大きなヒントとなり、野村克也監督がヤクルトスワローズの監督を務めていた1990年代に広まりました。*1

感と経験に頼る野球が、データを活用する野球に変わりました。

マネー・ボール

2003年に出版されて一躍有名になったのが「マネー・ボール」です。2011年にはブラッド・ピット氏主演で映画にもなりましたね。

マネー・ボール〔完全版〕 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

マネー・ボール〔完全版〕 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 

それまでの、バントや盗塁などで小さく刻んでいく戦術が、出塁率や長打力を重視する戦略へと大きく転換しました。*2

ビックデータ ・ベースボール

マネー・ボールから12年後の2015年に発表されたのがこちら。

honz.jp

ビッグデータのトレンドとも相まって、野球ファンやデータサイエンティストだけでなく、マーケターからの注目も集まっています。

tmtown.net

エンジニアさん向けには、こちらの shinyorke さんのブログもご紹介しておきたいです。

shinyorke.hatenablog.com

人工知能の登場

そして今後の野球には、人工知能が取り入れられること必至です。

style.nikkei.com

 

shinyorke さんのブログで書かれていた「古い野球観と新しい野球観の宗教戦争」について、PoC含め人工知能の開発を行っている弊社にはわかりみが深いですが、ソフトバンクホークスでは、

現在、ホークスでは選手からの疑問に対し、アナリストがスコアラーと協力してデータからアイデアを導き出している。アナリストを務める関本塁データ分析担当ディレクターはジャージー姿でグラウンドに立ち、選手とのコミュニケーションを通じて現場の感覚を得ている。こうした感覚に加え、将来はビッグデータの中から特徴を見つけ出すAIの活用などを視野に入れる。

このような取り組みがなされているようです。

 

さて、これ以降は野球以外のスポーツでの人工知能の活用事例をみてみます。

サッカーの選手発掘

データ分析といえば、米のSAS Instutue が有名ですが、そのSAS社が紹介しているのがこちらの事例。

www.sas.com

バレーボールの試合分析

バレーボールはスポーツの中でもデータの活用が進んでいるそうです。

tech.nikkeibp.co.jp

テクノロジが進化しすぎるとスポーツがつまらなくなる? 

しかし、こうした人工知能の発展とともに、人が頭を使うことが減っていき、スポーツの面白みが失われていくのではないか、と懸念する声もあります。

blogs.itmedia.co.jp

 

確かに人工知能は人間より計算が早く、多くのデータを保持することができます。
一方で、どのような仮説を立て、有効な指標をどのように作るのかを人工知能に行わせるのは、まだまだ難しいところがあります。

テクノロジの変化でスポーツ選手に求められる知性も、どれだけ賢いシステムを作っていくのに寄与できるか、というものに変わっていくのではないかと考えています。

Powered by はてなブログ