NAGOYA AI Blog

愛知・名古屋の人工知能・AIのニュースとブログ - N2i Blog

5GとAIが社会を変える!?

f:id:n2i-mk:20181203155310j:plain

次世代の通信規格として話題の「5G」。

日本では、2020年のサービス開始が予定されていましたが、1年前倒しされて2019年より順次サービスが始まります。


5Gサービスの提供開始にともない、IoTをはじめ、様々な分野での活用に期待が高まってきています。

次世代通信の5Gは、AI分野では、いったいどんな影響をもたらすでしょうか。

そもそも「5G」って?

現在のモバイル通信規格は、第4世代ということで「4G(LTE)」と呼ばれています。この規格を発展させたものが第5世代の「5G」です。


5Gの特徴としては、

  • 超高速(現在の4Gより100倍高速)
  • 超低遅延(リアルタイムで遠隔操作が可能)
  • 多数同時接続(あらゆる機器がネット接続可能)

といったものがあります。

5GがAIの能力を向上させる!?

今後IoT技術により、PCやスマホだけでなく、あらゆる機器がネットに接続され、今以上に膨大な量のビックデータが生まれることが予想されます。


現在の通信技術では、生成されたビッグデータをリアルタイムで処理することが難しく、事後的にビックデータを処理していく必要があります。そのため、ビッグデータの発生から、データを処理するまでにタイムラグが発生します。

 

一方、5G環境が整えば、このビックデータをリアルタイムで処理することが可能になり、必要な情報の取捨選択や優良なデータを取り出すことができるようになります。


ソフトバンクが5GとAIを活用したデモを公開

www.itmedia.co.jp

5Gの実験機器の技術検証などをできる施設「5G×IoT Studio」では、5G・AI・高精細映像を組み合わせたデモを公開しています。


その内容の一つに、ディープラーニングによる画像処理技術で、カメラの映像に映り込んだ人に対し、リアルタイムでぼかし処理を施すものがあります。

一旦撮影した映像に対し、事後的に処理を施すのではなく、リアルタイムで処理するために5Gの超低遅延通信が役にたっています。

 

5GとAIが生み出す新たな価値

ソフトバンクの公開したリアルタイム画像処理以外に、自動車の自動運転やロボットの遠隔操作など、5Gは、単にモバイル通信を高速にするというだけでなく、新しいソリューションを実現する技術として期待されています。

 

データを集めることができるIoTハードウェア、集めたデータを解析するAI、その二つをつなぐ5G環境が整うことで、これからの暮らしや、産業が大きく変わっていくのかもしれません。

 

おまけ。

モバイル通信規格の歴史についてお知りになりたい方は、こちらをどうぞ。

www.itmedia.co.jp

 

------------------------------------------------------------------------

N2iでは、企業向け人工知能・RPA・チャットボットの受託開発や
ATS(採用管理システム)の自社開発を行なっています。
【ご相談・お問い合わせこちら
------------------------------------------------------------------------