NAGOYA AI Blog

愛知・名古屋の人工知能・AIのニュースとブログ - N2i Blog

【仮想通貨】APIGというNEMのゲームをやってみた

f:id:n2i-u:20180315101825p:plain

 

N2iで仮想通貨関連の記事を書くのは初めて?かもしれないですね。

仮想通貨ブームが起き、様々な事件もあり...と何かと世間を騒がせている仮想通貨ですが(というより取引所)、今回は事件についての言及やNEMそのものについての話は一切でてきません(笑)

 

ゲームを始める前に、このNEMという仮想通貨にはAPIと呼ばれる機能がついており、誰でもAPIを利用することができます。

今回はAPIとはなんぞや、みたいな技術的な話は割愛させていただきます。

詳しく知りたい方は調べてみてください。

 

では早速、NEMという仮想通貨を使用したゲームをやってみたいと思います。

ちなみに今回やるゲームはこちら

 

apigmining.xyz

 

このAPIGというゲーム、APIを使って仮想空間に配置されたコインを探すゲームとなっています。

 

・仮想空間は、1,000,000 × 1,000,000 × 1,000,000 の大きさ

・コインは1分に1回の頻度で、仮想空間内の位置[x,y,z]のどこかに配置される

・ユーザーはソナーを打ち、コインの断片的な位置を知る

・ユーザーは仮想空間のどこかに、自分の住所位置(URL)を残すことができる

 

これが大まかなゲームの概要です。

つまり、このゲームはソナーを打ち、断片的なコインの位置を取得し、その痕跡を残して正確な位置を掴み、コインをゲットするという他人と協力してコインを探すゲームとなっています。

 

まず、NEMのウォレットから1XEMを指定のアドレスに送金します。

f:id:n2i-u:20180315102902p:plain

送金に成功すると、認証キーが返ってくるので、この認証キーを使用してゲームをします。

 

まずは先ほど得た認証キーを入れて自分の情報を取得してみます。

f:id:n2i-u:20180314121120p:plain

すると、address(自分のアドレス)、apikey(自分の認証キー)、coin(自分の持ってるコイン数)memo(残したメモ)が返ってきました。

 

このような感じで、ひたすらAPIを叩くゲームです。

 

では、ソナーを打って、断片的な位置を取得しにいきます。

f:id:n2i-u:20180314122140p:plain

{"z":544453}が返ってきましたね。

これでコインの存在するz軸の座標がわかりました。

 

1分ごとに取得できる座標が変わるので、都度叩くと良いでしょう。

ですが、これだとx,y,zの全ての位置を取得する前にコインの座標が変わってしまうので、みんなとの協力が必要なわけです。

というわけで、メモを残します。

f:id:n2i-u:20180314122739p:plain

先ほど取得した座標をメモに残しました。

無事成功すると{"message":success"}と返ってきます。

 

他の人のメモも覗いてみます。

f:id:n2i-u:20180314123103p:plain

このメモをうまく使ってx,y,z全ての座標がわかるというわけです。

 

取得できた瞬間を納めたかったのですが、残念ながらコインを取得することができませんでした。

全ての座標を入れてAPIを叩き、見事コインを取得できるとsuccessが返ってきます。

 

興味のある方は是非やってみてください。

  

------------------------------------------------------------------------

N2iでは、企業向け人工知能の受託開発や

人工知能を使ったビックデータ解析を行っています。

【ご相談・お問い合わせこちら

------------------------------------------------------------------------