NAGOYA AI Blog

愛知・名古屋の人工知能・AIのニュースとブログ - N2i Blog

IBM Watson無料化によってAI(人工知能)の活用がより身近になるはず

f:id:n2i-y:20171120105230j:plain

Watsonが無料で利用できるようになっています。

このような記事が出て、Watsonが再び注目されています。

米IBM、AI「ワトソン」無料に アマゾンに対抗

米IBMは11月から主力製品である人工知能(AI)「ワトソン」の無料提供を始める。

ただしその後、10月27日に開催されたイベント「AI Business Forum 2017」において以下のようなコメントがあったようで、完全無料化ということではなく、トライアル期間を無期限とするとのことです。

日本IBM幹部「Watson無料化」についてコメント「AI Business Forum 2017」

新聞にIBMのWatsonが無料になるという記事がでましたが、残念ながら無料にはなりません。しかしトライアルは無期限で無料になります。

何が起こるのか?

IBMはもともと無償のトライアルを提供していたが、30日の期限がついており、それ以降は有料でした。 しかし今回その期間が無期限に変更されることで、幅広く長く、そしてライトに使う事ができるようになるはずです。

トライアル的にWatsonを利用し続けられる期間が無期限であれば、Watsonを導入してのサービスの開発を長期的に考えることが可能になります。 これは、いままでライトに開発をしていた層が気軽に使う事ができ、気軽に使うことによって事例が増えると同時に、新しい分野への活用が促進されていくはずです。

まとめ

人手不足が叫ばれている昨今です。 今後さらにこの分野が活性化していくのは間違いありません。

採用

N2iではエンジニアを募集しています。 チャットボットを使った開発に興味がある方、もしくは何か使ってみたいものがある方、ぜひお声をおかけください。

<名古屋>WEBアプリケーションエンジニア/0→1自社サービス開発


N2iでは、企業向け人工知能の受託開発や

人工知能を使ったビックデータ解析を行っています。

【ご相談・お問い合わせ】はこちら