N2i ジャーナル

名古屋と東京を拠点に活動するITベンチャー N2i がIT・ビジネス情報をお届けします

名古屋と東京を拠点に活動するITベンチャーN2iがIT・ビジネス情報をお届けします

営業のレガシーな武器、「電話」がAIでパワーアップします

f:id:web-marke:20210402142833j:plain

数年前に人工知能(AI)が注目を集め始めた頃、営業マン(というか人全般ですね)にとってAIが脅威的な存在になる、といった論調の記事やブログを見かけました。

こちらの記事によれば、あと10年で営業マンは不要になる…。

www.sbbit.jp

 

ECサイトやオンライン決済で購入することも増え、営業の十八番であったクロージングさえ、ITが肩代わりできる時代がきたのかもしれません。

しかし、弊社では「人が販売する」営業職は、ITでは完全に置き換えられないものと考えています。

創業間もない弊社ですが、この3年、営業利益は黒字で売上も順調に伸びています。SaaS型のシステム開発を生業にしていますが、実は営業が強い会社であることが勝因だと考えています。若いゆえ、営業の「型」もなく、日々手探りで販売難易度が非常に高い状態ではありますが…。

 

今回の記事では、弊社の営業チームが特に重視している「電話」について、考えてみたいと思います。

ここぞ!という時にはやっぱり電話

営業に、メールやチャットなど、電話以外のツールを活用されている方も多いと思います。しかし、ここぞという時、例えば

  • クロージング
  • 検討状況の進捗確認
  • お願いなどの交渉ごと

などには電話が威力を発揮します。

電話のメリット

それでは、電話のメリットを考えてみましょう。

  • 声から顧客の微妙なニュアンスを汲み取れる
  • 話を早く、細かく展開できる

行間にある顧客の真意を把握し、またスピード感を持って対応するには、やはり電話が強いです。

込み入った内容の時に、ああでもない、こうでもないとメールやチャットの文章を推敲することに時間をかけるより、電話の方が早いことも多々あります。

テキストからは読み取れない顧客のニュアンスを汲み取って、受注確度の高さを掴むことは、効率的な営業にもつながります。

効率とスピードを考えて、上手く使い分けたいものです。

電話のデメリット

電話にもデメリットがあります。それは、顧客との会話がブラックボックスになりがちということです。

上司やチームに話の内容を共有するには、電話で話した内容を改めてまとめて展開する必要があります。メールやチャットであれば、関係者をCCに入れたり、メンションをすることで、関係者は話の展開をタイムリーに把握できます。しかし、電話となるとそうは上手く行きません。

また、話の内容が記録に残らないことも課題です。そのため、「言った」「言わない」のトラブルになってしまう可能性があります。

クラウド電話システム「バトンタッチ」は電話のデメリットを克服!

弊社が開発中の「バトンタッチ」は、ビジネスにおいて電話の特性を最大限に活かせるよう、AIとチャットを活用するシステムです。

これにより、ブラックボックスになりがちな通話内容が可視化され、上司やチームへの展開が容易になります。

Powered by はてなブログ