NAGOYA AI Blog

愛知・名古屋の人工知能・AIのニュースとブログ - N2i Blog

2018年7月から「Google Chrome」がSSLに対応していないすべてのページに警告を表示

f:id:n2i_a:20180703232319j:plain

かねてから予告されていた通り、2018年7月からGoogle ChromeブラウザではSSLに対応していないすべてのページで警告が表示されるようになりました。2018年10月には、警告の度合いがさらに強まることも発表されています。

これ、どういう事かといいますと、何と、すべてのhttp接続のページが警告表示されてしまうのです。

どんなに良いページでも、警告が表示されてしまってはユーザーの信頼を落としてしまいます。

promonista.com

どんなホームページが警告の対象になるの?

ホームページアドレスの先頭が「http://」から始まっているページすべてが対象です。
「SSL」への対応をしていない場合はhttp://という表示になります。

SSLは取引が暗号化されるセキュリティの強い仕組みです。SSL対応をすると「https://」という表示に変わります。

弊社のホームページを例として見てみましょう。

 

f:id:web-marke:20180710171454p:plain

HTTPとHTTPSとは何が違う?

セキュリティ保護の強さが違います。

SSL対応をしてhttpsになっているページは通信が暗号化されるため、不正アクセスなどの脅威から保護されます。逆に対応していないページはデータを改ざんされたり、データ漏洩の危険が高くなるということです。

常時SSLには対応すべき?

httpからhttpsに対応を進めているホームページは増え続けています。弊社でも対応のご依頼が毎月増えており、しばらく減ることはなさそうです。

また自社ホームページが未対応だと、明らかにセキュリティ意識の低い会社と見られてしまい、印象が良くありません。

早めに対応されると印象も良くなるのではと思います。

警告を表示させないようにするにはどうしたらいいの?

ホームページ全体をSSL対応にすることです。常時SSL、またはAOSSL(Always on SSL)と呼ばれます。この対応をすると、アドレスの先頭部分がhttps://に変わり、通信は暗号化された状態になります。

 

弊社でもSSL化のご依頼は多数承っております。

【SSL化のご相談・お問い合わせこちらからぜひお気軽にお問い合わせください。 

 

------------------------------------------------------------------------

N2iでは、企業向け人工知能の受託開発や人工知能を使ったビックデータ解析を行っています。【ご相談・お問い合わせこちら
------------------------------------------------------------------------