NAGOYA AI Blog

愛知・名古屋の人工知能・AIのニュースとブログ - N2i Blog

人工知能でキャッチコピーや流行語を作れるか?

f:id:n2i-t:20180618104542j:plain

人工知能で流行語を作ることができるか?という問題で、興味深い記事があったのでご紹介します。

 

機械的には失敗でも、人間から見れば意味不明なキーワードの組み合わせが「面白い」と受け止めてもらえることがある。 

 

これが結構重要なところで、人間は意味不明な現象やものに意味を与えようとする性質があるようで、何かしらの因果関係を結びつけたがる生き物のようです。それが全く関係のない原因だったとしても。

 

このような場合、キャッチコピーや流行語を意図的に制作することは非常に難しいと考えられます。何をもとに考えればよいのか、その意味付けがないからです。

 

さて、私はもっと単純な問題につまずいています。

それは、プログラムを書く時に、ある言葉を定義する時に英語に翻訳するのが苦手なことです。

 

これを解決してくれる面白いサイトがありました。

 

codic.jp

 

ちょっとこれを使ってみようかと思います。

「必要な量」という言葉を定義しようとしたとき、これをこのcodicに入れてみます。

すると、英語翻訳のように、返してくれます。

 

f:id:n2i-t:20180618105847p:plain

でも、この言葉をすでに別の定義に使っていた場合、他の言葉を探すのに結構苦労します。

そんな時、これが便利なんですね。

「必要な」に対する英語翻訳で「required」の代わりになる単語を提案してくれます。

 

f:id:n2i-t:20180618110042p:plain

 

また、同じように「量」という言葉に対して翻訳してくれる「amount」についても

f:id:n2i-t:20180618111946p:plain

 

代替案を提案してくれます。

このような単純なツールは、とてもシンプルですが非常に便利です。

 

人工知能でキャッチコピーを作ることと、このシンプルなツールは非常に似ています。

単語から連想される、他の候補を提案してくれるところです。意味付けは無視して考えると、無数に作成することができます。

 

この取組みに私も私なりのアイデアでチャレンジしてみたいと思っています。

 

www.itmedia.co.jp


 

----------------------------------------

N2iでは、企業向け人工知能の受託開発や

人工知能を使ったビックデータ解析を行っています。

【ご相談・お問い合わせこちら

----------------------------------------