NAGOYA AI Blog

愛知・名古屋の人工知能・AIのニュースとブログ - N2i Blog

ネコの健康管理、AI の手も借りたい シャープ製トイレ

f:id:n2i_a:20180618103432j:plain

季節の変わり目で抜け毛が激しい我が家の猫。たまに毛玉を吐くこともありますが、結構苦しそうで飼い主としてはビビります。吐いた後ケロッとして遊んでるのを見ると安心するのですが、猫の体調管理をするのは結構難しいと感じている今日この頃。

そんな悩めるネコの飼い主さんに朗報です。

シャープが IoT や AI の技術を使い、ネコの健康管理ができるトイレを開発しました。

ネコの健康管理、AI の手も借りたい シャープ製トイレ

www.bcnretail.com

 

尿の回数や量、トイレへの滞在時間などを計測し、スマートフォンで飼い主に異変を伝えるこのネコ用トイレ。多頭飼いしているお宅は首輪に装着できる個体認識バッジ「HN-PM001」を使うことで、最大3頭まで同時に管理することができるそう。 

ネコちゃんは腎臓など泌尿器系の病気にかかりやすい動物だと聞くので、かなり良いヘルスケアアイテムなのではと思いました。

大手企業のペット事業参入はまだまだ拡大傾向にあり、タカラトミーのウェアラブル端末「いぬのきもち お散歩Time」は、イヌの首に付けると、散歩によるイヌの活動量が把握できるという優れもの。専門家の分析による適正な活動量に対し、散歩が十分か足りないかを教えてくれるそうです。

また、アクセスラインのイヌやネコ用自動給餌器「カリカリマシーンSP」は、スマホを使った遠隔操作で、自動でエサを与えてくれます。機器にはカメラも付いており、スマホで様子をみることも可能。仕事などで急に帰宅できなくなった場合でも安心です。

 

ペットを家族のように考える飼い主が増え、ペット関連市場は拡大傾向にあるよう。

IoTを利用した商品が次々に出てくることを期待します。

 

------------------------------------------------------------------------

N2iでは、企業向け人工知能の受託開発や

人工知能を使ったビックデータ解析を行っています。

【ご相談・お問い合わせこちら

------------------------------------------------------------------------