NAGOYA AI Blog

愛知・名古屋の人工知能・AIのニュースとブログ - N2i Blog

学生の質問にAIが回答「バーチャルTA」近畿大学が導入

f:id:n2i-u:20180611144454j:plain

 

www.itmedia.co.jp

 

近畿大学は、AI(人工知能)技術を活用したチャットbotを使い、学生の質問に答えるバーチャル・ティーチング・アシスタント(TA)を9月に導入する。あらかじめ学生からのよくある質問や想定される質問を、AIに学習させておき、質問に自動対応する。

 

IBM Watsonの自然言語処理技術を使用して開発した問い合わせサービス「manaBrain」を活用して開発したようです。

 

学生は講義中ではなくても、PCやモバイル端末のWebブラウザから質問することができ、その場で解決することが可能になります。

 

講師やTAは、質問への対応業務を軽減できるという。講師は、バーチャルTAの対応履歴や対応状況を、Webブラウザの管理画面から確認可能。学生の理解度把握や回答精度の向上にも活用できるとした。

 

大学の講義などは、講義人数が多いものから少ないものまで様々あるが、こうしたサービスがあれば、生徒側も聞きづらい状況だとしても周りを気にすることなく、気軽に質問ができると考えると、お互いにとってメリットがありますね。

 

------------------------------------------------------------------------

N2iでは、企業向け人工知能の受託開発や

人工知能を使ったビックデータ解析を行っています。

【ご相談・お問い合わせこちら

------------------------------------------------------------------------