NAGOYA AI Blog

愛知・名古屋の人工知能・AIのニュースとブログ - N2i Blog

音声認識・音声操作の波がおもちゃ業界にも。“おしゃべり玩具”東京おもちゃショー2018

f:id:n2i_h:20180611133011j:plain

 

Amazon Echoシリーズや Google Homeなどのスマートスピーカーを購入してみたり、使っているという人も増えてきたのではないでしょうか?

 

4月に発表されたアクセンチュアの「2018デジタル消費者調査」によると、2017年時点の日本におけるスマートスピーカーの普及率は8%で、イノベーティブな新製品が世に出る際にネックとなる『キャズム』を超えているのだそうです。

 

www.itmedia.co.jp


そのトレンドの中で、先日開催された「東京おもちゃショー2018」では、さまざまな種類の“おしゃべり玩具”が発表されました。

対話ロボットとして発表当時から注目を浴びているのが、AI(人工知能)を搭載するバンダイの「ガンシェルジュ ハロ」だ。アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するペットロボットを再現。その語彙(ごい)数こそ非公開だが、豊富かつマニアックなガンダム知識でユーザーを楽しませてくれるという。

 

「おせっかいなスマート貯金箱」(9800円、税別)は、音声スピーカーを内蔵したしゃべる貯金箱だ。人感センサーを搭載し、人の気配を感じると「あ、今目が合ったよね、貯金して」などとおせっかいを焼き、貯金をサポートしてくれる。

 

タカラトミーアーツブースでは300体のピカチュウが“大量発生チュウ”。これは30種のフレーズを収録するピカチュウ型ロボット「ねえ HelloPika」(ハロピカ)だ。

 

www.itmedia.co.jp


おもちゃという特性上、キャラクターの特性や、ユーザーを楽しませる目的もさまざまなスマートスピーカーの展開が見て取れます。今後、スマートスピーカーや同種の玩具は目的に合わせて細分化しそうですね。

 

------------------------------------------------------------------------

N2iでは、企業向け人工知能の受託開発や

人工知能を使ったビックデータ解析を行っています。

【ご相談・お問い合わせこちら

------------------------------------------------------------------------