NAGOYA AI Blog

愛知・名古屋の人工知能・AIのニュースとブログ - N2i Blog

弱いロボットが「つながり」を考えさせてくれる

f:id:web-marke:20180410122209p:plain

ロボットといえば、命令したことを完璧にこなす存在であり、近年では人と人工知能やロボットとの関わり方が話題になっている。

 

時に物事を完璧にこなすロボットに圧倒され、人の立場がなくなってしまうのではないかと懸念を抱くこともあるが、豊橋技術科学大学のインタラクションデザイン研究室で開発されている弱いロボットは、そんな不安を払拭してくれる。

 

www.icd.cs.tut.ac.jp

 

youtu.be

 

この弱いロボットは自身でゴミを拾うことができない。

ゴミを見つけると、拾う代わりに子供のような仕草で人にゴミを拾って欲しそうに振る舞う。

 

自分ができないことの「弱さ」を敢えて見せることで、人との共生の仕方、関わり方を考えさせる。

 

人とロボットがそれぞれの弱いところを補い合い、助け合って築く様を通じ、人とロボット、人と人とのコミュニケーションは、より明るいものになっていくのではないかと期待される。

 

 

 

www.youtube.com

※こちらはオドオドしながらティッシュを配る「iBones」という名の弱いロボット。

ティッシュを受け取ってあげると、深くお辞儀してくれる。

 

 

------------------------------------------------------------------------

N2iでは、企業向け人工知能の受託開発や

人工知能を使ったビックデータ解析を行っています。

【ご相談・お問い合わせこちら

------------------------------------------------------------------------