NAGOYA AI Blog

愛知・名古屋の人工知能・AIのニュースとブログ - N2i Blog

新しいおもてなし?AIで困っている人を助ける

f:id:n2i-u:20180126101700j:plain

 

この記事を読んでいるあなたは、ビル内で「困った」という状況になったことがありますか?

「困った」にも色々なパターンがありますよね。

そんな困ったを画像解析で解決しようと試みているようです。

 

itpro.nikkeibp.co.jp

 

三菱地所と綜合警備保障(ALSOK)、PKSHA Technologyは2018年1月22日から、東京都千代田区の新丸の内ビルディングで、深層学習による画像解析を活用した「新たなおもてなしサービス」の実証実験を開始。実証実験では、道に迷っている人やしゃがみ込んでいる人、車いすに乗っている人など「困っている」可能性のある人を防犯カメラが検知すると、警備員のスマートフォンに通知する。

 

今回使用されるのはPKSHA Technologyの画像解析エンジン「Vertical Vision」

防犯カメラの映像を解析し、人の検知すると青枠が表示され、「困っている」であろう対象行動をとっている人は赤枠で表示され、解析結果を警備員のスマートフォンに通知するというもの。

 

解析の対象となる防犯カメラの画像は、以前から新丸の内ビルに設置されていたものを利用する。画像解析システムはALSOKが開発した。深層学習を利用したPKSHA Technologyの画像解析エンジン「Vertical Vision」を使い、防犯カメラの画像を解析する。

 

ビル内にはたくさんの人がいるでしょうし、広さもあるので、目視では限界がありますよね。その中でさらに困っている人を見つけ出すというのは意外と大変な気がします。

困っているの度合いにもよりますが、いち早く「困っている」を把握することができるのだから「AIが人を支援をする」というのを感じました。

 

------------------------------------------------------------------------

N2iでは、企業向け人工知能の受託開発や

人工知能を使ったビックデータ解析を行っています。

【ご相談・お問い合わせこちら

------------------------------------------------------------------------