NAGOYA AI Blog

愛知・名古屋の人工知能・AIのニュースとブログ - N2i Blog

スマホやカメラなどに積まれているAIチップは、どんな人工知能チップなのか?

f:id:n2i-t:20170731194318j:plain

昨年は、「AIチップ搭載機種!」とうたったスマートフォンやカメラを目にするようになりました。ところが、実際に使ってみたら「どこがAIなんだろう…」と思われるでしょう。

答えを簡単にいってしまえば、「バッテリー消費の軽減」が主に活躍しているところです。画像の処理をいままではCPUやGPUというもので処理していましたが、NPU(人工知能チップ)を搭載することにより、画像処理が格段に改善され、その結果バッテリーの節約につながるというものなんです。

 

なので、AIチップが搭載されているからといって、そのデバイス(機械)にあなたの生活がお見通しとか、そんなことを言っているわけではないようです。

かといって、全部が全部ではありません。スマートスピーカーのように、クラウドに接続できるデバイスなどはあなたのことを覚えて言ってくれるのです。

 

ようするに、ネットワークにつながっていないAIチップ達は、今のところCPUやGPUの代わりに、専門業である画像の処理を肩代わりして行っていて、バッテリー消費の軽減に役立っているということなんです。

 

しかしIoTが進めば、クラウドにつながることにより、個々の情報を記憶させていくことも可能です。高速に処理できるAIチップが搭載されてこそ、情報量の多い個々の情報を的確に処理し、今までよりも快適な動作をしていってくれることは間違いなさそうです。

 

------------------------------------------------------------------------

N2iでは、企業向け人工知能の受託開発や

人工知能を使ったビックデータ解析を行っています。

【ご相談・お問い合わせこちら

-------------------------------------------------------------------------