NAGOYA AI Blog

愛知・名古屋の人工知能・AIのニュースとブログ - N2i Blog

人工知能がセカンドオピニオンになる時代が来るかも? LPixelが医療画像診断支援技術「EIRL」が発表

f:id:n2i-k:20171127110033p:plain

11月も最終日を迎え、いつのまにか街中が秋の様相からどんどんと冬のものへと移り変わっていきますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?私は元気です・・・。

あ、でも元気だけれどもインフルエンザの予防接種は受けたいです。

病気怖いですもんね・・・。

 

ということで気になった人工知能関連のニュースです。

 

東京大学発のベンチャー企業 LPixelが医療画像診断支援技術「EIRL」を発表

東京大学発のベンチャー企業 「LPixel(エルピクセル)」が2017年11月24日に、医療画像診断支援技術「EIRL(エイル)」を発表しました。

 

こちらは人工知能を活用した医療画像診断支援技術で、CTスキャンやMRIなどの医療現場で用いられている画像技術を蓄積したビッグデータを解析し、画像診断を行う技術とのことです。

 

昨今の医療現場では、医療技術の進歩と共に、医師の高度な読影スキルを必要とするデータ量が増えていき、その医療用画像から病巣を見抜くのにも大変な労力がかかるそうです。

されど、その読影を行うことのできる放射線診断医は、医師全体の2%未満と少なく、単純に業務負担の増加になってしまっているそう。

 

そうした問題を解決することができるのがこの医療画像診断支援技術「EIRL(エイル)」というわけです。

 
この「EIRL」には、医師のダブルチェック・トリプルチェックによって品質が担保された学習データを使用し、学習データが少なくても効率的・高精度に学習する独自技術を活用しているそうです。すごい。
 
今後、医療現場でどんどん負担が増していくところにこの技術が導入されて少しでも業務負担が減ってくれれば嬉しいですね。
 
この「EIRL」、米国で行われる展示会に出展するほか、法務手続き等を経て、医療用に使用できることを目指し、グローバルで研究開発を進めていくということですので、期待が持てますね!
 

EIRL | NEXT MEDICAL VISION | LPixel Inc.

 

news.mynavi.jp

www.atmarkit.co.jp

 

 

 

にしてもやっぱり人工知能関連の発表はベンチャー企業が多いですね。

弊社も同じベンチャーとしては負けていられないところです!

 

------------------------------------------------------------------------

N2iでは、企業向け人工知能の受託開発や

人工知能を使ったビックデータ解析を行っています。

【ご相談・お問い合わせこちら

-------------------------------------------------------------------------