読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAGOYA AI Blog

愛知・名古屋の人工知能・AIのニュースとブログ - N2i Blog

電話野郎

f:id:n2i_kago:20170509212349j:plain

引用「バカ」と「アホ」の違い | 違いがわかる事典

 

この野郎、バカ野郎。

ダンカン、バカ野郎。

相当なタイミングてしか使いませんが、今、「電話野郎」という言葉が話題。

 

電話野郎とは・・・突然いきなり電話してくる人のこと 

 

この電話野郎が「デリカシーがない」「相手の時間を奪う行為だ」「失礼だし非常識」と盛り上がっているそうです。私もこれは以前から思っていて、電話野郎が嫌いです。 

これだけ聞くと、語弊があると思いますが、ビジネスシーンでは嫌いという話。

 

www.j-cast.com

 

テレビでのアンケートは圧倒的に失礼でないということですが、営業やIT系の仕事の人だけ集めたら、アンケート反対になるんじゃないかと思います。我々、制作会社は自分たちの時間をリソースと考えて、この作業(タスク)がいつ終えて、あの作業がいつ終えて、と見積もっていきます。

 

できるだけ、タスク以外に無視したいとさえ思っている時もあります。そんな時に「ちょっと聞きたいんですけど。。。」的な電話がくると、集中力が一気に無くなります。そもそも電話だけでなくて、社内の人からの声かけでさえ、一気になくなります。(生産性重視したいので、作業する人はイヤフォンして一切聞けなくてもいいと思う。)

人は、一度集中を切らすと、23分戻ってこれないんです。

3回あったらもう1時間潰れます。

 

blog.n2i.jp

 

緊急の電話はしょうがないんですけど、そういう人に限って、メールかコミュニケーションツール的なもので、済ませる要件なことが多すぎる。しかも、メモることが必要だったり、「この前言ったの件ってどうなりましたか?」って。。。

野郎って言いたくなると思います。

私は注意散漫だから、それで意識がどっか飛んで、20分じゃ戻ってこれない。

 

 

緊急でないならメールがいいと思います。メモや記録にもなっているし、仕事のミスも円滑さも叶えられると。

 

wol.nikkeibp.co.jp

 

もちろん営業職は、フロントに立っている分、いろいろな人と関わる機会もあるし、相手の仕事を軽減する事が仕事だったりするので、口頭で承ることも仕事ではあるのですが。。。

 

と言いつつも、突然のお仕事の電話はお待ちしております。

よろしくお願いいたします!

 

Kago