読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAGOYA AI Blog

愛知・名古屋の人工知能・AIのニュースとブログ - N2i Blog

三菱商事がIBMワトソンを導入。社員の問い合わせをAIが答える

f:id:web-marke:20161126143423p:plain

三菱商事はITヘルプデスク業務に米IBMの人工知能(AI)「ワトソン」を導入する。IT機器やシステムに関する社員からの問い合わせに自動で対応し、問題解決の精度向上と業務効率化を図る。今後5年間で最大5億円のコスト削減を見込む。大手商社でワトソンを業務に導入するのは初めて。三菱商事は今後、ほかの業務にも横展開するほか、他社へのサービス提供も検討する。 三菱商事のITヘルプデスク業務を請け負う日本タタ・コンサルタンシー・サービシズが中心となり、ワトソンを使ってIT関連の頻繁に尋ねられる質問回答システムを開発する。

f:id:web-marke:20161126143502j:plain

Articles in this issue reproduced from MIT Technology Review Copyright ©2014, All Rights Reserved. MIT Technology Review. www.technologyreview.com Translation Copyright ©2014, Uzabase, Inc.

現在のシステムは、検索機能で簡易的な操作説明や案内を行うが、現状では知りたいより詳しい説明はオペレーターに直接聞く機会が多い。 新システムでは、ワトソンが社員の質問を理解した上で回答し、さらに詳しく知りたい場合はオペレーターにつなげる。社員の反応やオペレーターの正しい対応を学習することで、ワトソンは問題解決率を高めていくため、業務効率化を進める。 2015年10―12月にワトソンの導入検証をし、現行方式では67%だった正答率が89%まで向上したことを確認した。ワトソン導入で電話対応のオペレーターの削減や、周辺業務の自動化などができるとみる。

 

【引用】

商社・流通・サービス ニュース | 日刊工業新聞 電子版

 

ワトソン×pepper


PepperとIBM Watsonの連携(Pepper Tech Fes 2014)

 

-------------------------------------------------------------------------

 N2iでは企業向け人工知能の受託開発

人工知能を使ったビックデータ解析を行っています。

【ご相談・お問い合わせこちら

-------------------------------------------------------------------------