読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NAGOYA AI Blog

愛知・名古屋の人工知能・AIのニュースとブログ - N2i Blog

ニュース(国内)

「将棋界に激震」人工知能に敗れ人間大きく負け越し。電王戦 佐藤名人が敗北!

佐藤名人「独特の感性見せつけられた」 PONANZAに連敗した佐藤天彦名人は、対局後の会見で、「自分の価値観や感覚を正面からぶつけたものの、そうした感覚の外にあるPONANZAの独特の感性を見せつけられて、上回られた2局だった」と話していま…

人工知能の 広告コピーが セクシーだ。

「新聞広告の セクシーが 待っている。」 すごく意味深なキャッチコピーで見た人の感性をくすぐります。 こんな名コピーを考えつくなんて、いったいどんな高名なコピーライターの人なんだろう・・・。 というのも実はこれ、大手広告代理店の電通と、自然言語…

ロボットと人の未来の働き方は

昨今、人工知能等のロボットの発達により、なくなっていく職業・なくならない職業等の議論が巻き起こっていますが、そんな中、興味深いふたつの記事を見つけました。 ひとつは今後、どういった職業がロボットにシェアを取られていくか、取られていかないかと…

「ロボット技術・産業フェア」が名古屋で今年7月に開催!

ロボカップ2017名古屋世界大会併催「ロボット技術・産業フェア」 「ロボット技術・産業フェア」にて、今年は名古屋で「ロボカップ2017名古屋世界大会」が開催されます。 「ロボカップ2017」:2017年7月27日~30日 ロボカップ世界大会で名古屋が…

勉強のつまずき分析から建築まで!AIが活躍の予感

誰しも一度は学生時代によくわからない単元や教科があり、それをそのままにしていて後々泣きをみることがあったはず・・・。 そんな誰しもが陥る可能性のある悲劇を防いでくれそうな発表がありました! 東京学芸大がAIを活用した指導方法を研究する大学院を2…

人工知能とIoTで仕事がはかどるかも?

ダイキンとNECがAI(人工知能)/IoTを使った、中々ハイテクなオフィスを研究している様です。 itpro.nikkeibp.co.jp オフィススペースに設置された機器で人や環境の情報を収集、AIエンジンによってその分析を行う具合になっています。 (引用元: ニュース解説 -…

Googleから発表された、新たなモバイル用OS「Fuchsia」(フクシア)が一部公開!

第三のOS「Fuchsia」が一部公開されてます。 どうやらモバイル向けの新しいOSのようですね。 画面も複数分割できてすごく便利そう。 カードと呼ばれるアプリケーションの管理方法で、見た目もとてもシンプル。 ちなみにフクシアは花の名前みたいです。 公開…

AIの開発に最適化したハードウェアが登場!

高度なAIを制作するための訓練には膨大なデータが必要となりますが、現在のハードウェアでその大量のデータを効率的に使用していくためには、結構な施設設備が必要となります。 しかしながら、そんな環境を用意することができるベンダーはおそらく一握り。 …

Apple「Siriベースのスマート・スピーカー」6月のWWDCで発表の可能性あり!

Image:iFunnyVlogger Apple製品の噂や最新情報を取り扱う「Mac Rumors」が、アップルがSiriをベースにしたスマートスピーカーを6月開催のWorldwide Developers Conference(WWDC)で発表する可能性が50%強あると報じた。 KGI証券でAppleを担当する著名なア…

「Windows 10 Creators Update」の新機能、「3Dペイント」で絵心ないのにさっそく犬を作ってみた!

小さな巨人、たまに出てくるお助けソフトの「ペイント」の進化版、「3Dペイント」というのが前から気になっていたんですが、ようやくリリースされたらしいので、Windows10をアップデートして、「Creators Update」バージョンに更新してみた。 まだの方は…

ディップ、日本初のAI・人工知能ベンチャー支援制度「AI. Accelerator」を開始

ディップ<2379>は、4月6日より、AI・人工知能ベンチャー企業を対象とした新規事業創出を目指す日本初のアクセラレータープログラム「AI.Accelerator」を開始した。また本プログラムに参加を希望する企業・個人の募集も開始した。本プログラムの対象は、AI、…

佐藤名人、ソフトに敗れる 電王戦第1局

Embed from Getty Images コンピューターの将棋ソフト「PONANZA」(ポナンザ、開発者・山本一成さんと下山晃さん)と佐藤天彦名人(29)が対局する第2期電王戦二番勝負第1局は1日、栃木県日光市の日光東照宮で指され、ポナンザが71手で勝って…

ネオス、主要チャット対応の人工知能チャットボット基盤【SMART BOT】を開発

ネオスは12月1日、同社が提供するビジネスチャットサービス「SMART Message」をはじめ、LINEなどの主要チャットサービスに対応したチャットボット基盤「SMART BOT」を開発した。 同サービスは、チャットボットを開発する上で最も重要となる自然言語処理の機…

富士通、「音声テキスト化」を含む人工知能API、新サービスを発表

Fujitsu Japan 富士通は11月29日、ユーザー企業のAI活用を加速させるサービス5種を開発し、12月より順次提供を開始すると発表しました。これまでに、ユーザー企業の業務システムへのAI導入検討や実証実験を300件以上手掛け、その中でノウハウが明確化されて…

米AKA、人工知能搭載の英語学習ロボット「Musio」を発売

米AKAは11月25日、人工知能を搭載した英語学習ロボット「Musio(ミュージオ)」を発表した。 Musioは、思考や視覚、聴覚、感情表現の各能力を持つのが特徴で、友人と会話をするようにして英語を学ぶことができる。 Musio Japan_blog 動画では、子どもが絵本…

NEC、音で起きている状況がわかる「音状況認識技術」を開発

NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」の1つとして、音により今起きている状況を認識できる「音状況認識技術」を開発。 開発した「音状況認識技術」は、マイクで収集した音を目的音と環境雑音に分け、目的音から細かい構成音を抽出する構成音抽出技術と、構成…

人工知能(AI)向け多言語機械学習データ作成サービス「ConyacDATA」をリリース/株式会社エニドア

バイリンガルに特化したクラウドソーシングサービス「Conyac」を展開する株式会社エニドアはは、人工知能(AI)向けの多言語機械学習データを作成する新サービス「ConyacDATA」の提供をリリースしました。 人工知能開発に伴う課題として、機械学習用のデータ…

JINSオリジナル人工知能「JINS BRAIN」をサービス提供

https://brain.jins.com/ ジェイアイエヌが開発したメガネのレコメンドサービス『JINS BRAIN(ジンズ・ブレイン)』は、AIによる機械学習(ディープラーニング)を採用した業界初のシステム。11月9日(金)より、全国のJINS店舗およびJINSのオンラインショッ…

三菱商事がIBMワトソンを導入。社員の問い合わせをAIが答える

三菱商事はITヘルプデスク業務に米IBMの人工知能(AI)「ワトソン」を導入する。IT機器やシステムに関する社員からの問い合わせに自動で対応し、問題解決の精度向上と業務効率化を図る。今後5年間で最大5億円のコスト削減を見込む。大手商社でワ…

LOHACO/LINEの法人向け新カスタマーサポートサービス導入

マナミさん、LINEに登場 アスクルは11月21日、LOHACOでLINE社が提供する法人向け新カスタマーサポートサービス「LINE Customer Connect」 のファーストユーザーになると発表した。 コミュニケーションアプリとして高い利便性を持つLINEでの問い合わせ応対が…